蓄音機の歴史と、私が所有致します蓄音機です。

  • 1877年(明治10年)シャルル・クロ(仏)が音の記録と再生の方法を提案する。
  • トーマス・エジソン(米)がフォノグラフを発明する。
  • 1887年(明治20年)エジソンが蝋だけの蝋管を開発
  • エミール・ベルリナー(米)がグラモフォン(平円盤式蓄音器)を発明する。
  • 1889年(明治22年)日本での蓄音器初公開!
  • 1894年(明治27年)ベルリナーが平円盤式レコードのプレス作業に成功!
  • 1899年(明治32年)日本最初の蝋管式蓄音器専門店・三光堂が、東京・浅草で開業!
  • パラウドがテリア犬と蓄音器を描き、英グラモフォンがこれを買い取る(HMVとビクターの犬マークのモデル)
  • 1903年(明治36年)デニソン(米)がトーンアームを発明し蓄音器の形態と音質が大きく変化!
  • 1909年(明治42年)日本で最初の平円盤式(10インチ片面盤)レコードと蓄音器の製造を開始!
  • 1927年(昭和2年)日本コロンビアが創立される。
  • 1948年(昭和23年)米コロンビアが片面23分間の33回転のLPレコードを発表!
  • 1949年(昭和24年)米RCAビクターがLPに対抗して7インチ45回転のEPレコード(ドーナツ盤)を発表!
  • 1951年(昭和26年)日本コロンビアが日本初のLP盤を製造、発売する。
  • 1953年(昭和28年)日本ビクターが始めてLPレコードを発売!
  • 1954年(昭和29年)日本ポリドールがLP盤を発売!
  • LP盤、EP盤の製造、販売が多くなり1960年(昭和35年)には日本コロンビアがSP盤78回転の製造を中止!

私が所有しています蓄音機をごらん下さい。